スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寄棟か切妻の悩み???

寄棟か切妻の悩み???

‥‥よせ胸?  切り妻??

何のこちゃ??

二級建築士の製図試験では、受験生にとっては、大きな悩みなのです!!


『ラクトレ建築資格スクール』では、
屋根は『寄棟』にしなさいと指導してます。

その理由は‥‥寄棟はオールマイティーなのです!!!

‥‥但し、欠点が一つあります。
 (小屋伏図が複雑になるのです。‥‥理解すれば簡単です)


①矩計図切断位置がどこになっても、屋根の断面は一緒です。 
‥‥切り妻屋根の場合は、妻側が切断位置になると 
   さー大変です。(‥‥いままで練習してきた矩計図が役に立たないのです!!)
             男にとって、役立たずとはショックです???
   この文章が理解できない受験生は、まず今年度は、現時点では不合格でしょう!!!
   
②屋根の高さが低くなる 
    ‥‥切り妻屋根の場合、二階建の屋根は問題ないのですが、
      下屋の屋根の場合、一階の屋根の高さが高くなり
      二階の窓が取れない場合があります。
      ‥居室の採光面積で問題になる場合がある。

     その点、寄棟は屋根が低くなりますから、有利です!
      

③太陽電池を載せる場合 ‥楽ちん 
今年度(H23年)は、東北大震災の影響で、自然エネルギーが注目されてます。
大手資格学校では、『環境配慮型住宅』の問題がでるのではと、練習しているようです。

‥もし、屋根に太陽電池を載せる場合、
→当然、発電量の多い南面に載せるべきなのですが?

切り妻屋根の場合、南北に長い建物の場合
東面又は西面にしか載せられません!
‥‥この場合、即不合格にはなりませんが、減点は覚悟してください!!

その点、寄棟は四面とも屋根がありますから、‥‥どこでもOKです!!


という理由で、『ラクトレ建築資格スクール』では、寄棟屋根を推奨してます!!!

本当は、両方マスターすればいいのですが??

でも、寄棟屋根が書ければ、切り妻屋根は、簡単にマスター出来ます!!!





-----------------------------------------------------------------------
読者の皆様方へ

日本ブログ村ランキングアップのために、ご協力をお願いいたします。
このブログの記事の、1番下にある
日本ブログ村のマークをクリックしてください。
 
 ‥‥このマークをクリックすると、読者数にカウント(インのポイント)されます。

ここをクリック→にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

お手上げ問題の 最終決断の5法則

久々にブログをアップ致します!
実は、4月前半から『ラクトレ建築資格スクール』の二級建築士の講座に
全力を傾けていたため、
ブログの優先順位が下がりご無沙汰してました。

しかしながら、スクールの方も『模擬試験』の段階に移りましたので、少し余裕ができました。

ということで、富山の金ちゃんから、受験生の皆様に
プレゼントです。

題して『お手上げ問題の 最終決断の5法則』です。

試験会場で、どうにもこうにも問題がわからず、お手上げの場合に
どの番号にするか最終決断する場合の参考意見です!!!
‥‥採用するかどうかは、当然、自己責任でお願い致します!!

**********************************************************
■お手上げ問題    最終決断の5法則
***********************************************************
…この法則で2点アップを目指そう!!
 基本は勉強して正解率を上げることですが、
最後の最後の手段で試験会場にて
 神だのみするよりは、
 この5法則を信じて決断する方が
 正解率は上がるかもしれません????

【第1法則】 全体解答番号数のバランス法則

内容→1番~5番の正解数は、4~6個の範囲である。(当然、例外の年もある。)

根拠→過去の統計(最近は、ばらつき範囲が少なくなっている傾向がある。)

使い方→極端にある番号に正解数が偏っている場合に、再検討する。

【第2法則】 計算問題の両端カットの法則

内容→計算問題は3~4番の正解が多い。

根拠→過去の統計(下記数字は、過去10年間の統計結果です。)

  【構造の計算問題】1番…12%、2番…27%、3番…19%、4番…28%、5番…13%

  【法規の計算問題】1番…10%、2番…25%、3番…29%、4番…25%、5番…10%

    (ある本によると、受験生は、計算した結果が選択枝より小さい場合は1番、
    大きい場合は5番を選ぶ傾向があるそうです。そういうまぐれ当たりを防ぐために
    、3~4番を正解にする場合が多いとのことです。)

使い方
→まったくお手上げの場合は、この法則を適用する。

【第3法則】 初登場問題の性善説の法則

内容→過去問に出題例がなく、初めて登場した問題は正しい表現が多い。
    (初登場かどうかの判断は、勉強していない人はするべきでない)

根拠→過去の出題傾向
 ‥初めて登場する場合、受験者はそれ自体に面食らっているのに、
   あえて引っかけるように誤りの表現にする必要はない。
  逆に言えば…何回も出題されている問題は、引っかけに注意が必要。
  (一部の文言を変更する等の引っかけ)

使い方→まったくお手上げの場合は、この法則を適用する。

【第4法則】 手間暇問題の後半の法則

内容→法令集をあちこち見ないと回答できない手間と暇がかかる問題は、4番と5番が多い。

根拠→過去の出題傾向…普通の受験生は、1番から解答を始める。
     そのため正解枝を後半に置いておいた方が、受験生をいじめることができる。

 (例1)法規の用途地区の建築可否の問題。(別表をあちこち見る必要があり手間暇がかかる。)

 (例2)計画の空気線図の問題。(空気線図をプロットする必要があり手間暇がかかる。)

使い方
→4番目から解答した方が、早く正解枝にたどり着ける。
       まったくお手上げの場合は、この法則を適用する。

【第5法則】 短時間で判断できる問題の両端の法則

内容→短時間に答えが出せる問題。
     その用語を勉強したかどうかで決まるような問題は1番又は5番が多い。(両端)

根拠→裏返しの理論です。…計算問題や手間暇問題が1番になる場合が少ないので、
     このような問題を1番の解答とせざるを得ない???

使い方→まったくお手上げの場合は、この法則を適用する。

************最後に************************************

いよいよ試験が迫ってきました。

頑張って最後の追い込みをしてください!
≪追伸≫
これは『ラクトレの法則』の裏法則です!

法則とは、何回行っても確実にその通りになることを言います。

『お手上げ問題最終決断の5法則』は正解するかどうかは、時の運???なのです!

‥でも、信じる者は救われる???

でも、基本は勉強です!!

-----------------------------------------------------------------------
読者の皆様方へ

日本ブログ村ランキングアップのために、ご協力をお願いいたします。
このブログの記事の、1番下にある
日本ブログ村のマークをクリックしてください。
 
 ‥‥このマークをクリックすると、読者数にカウント(インのポイント)されます。

ここをクリック→にほんブログ村 資格ブログ 不動産・建築系資格へ
にほんブログ村


トラスの解法の悩み‥‥その3

このページの記事はラクトレ二級建築士 構造力学ブログ講座へ移動致しました。

第三ショックを乗り越えろ!!!!

今日は、7/27(火)です。猛暑は続いてます。
こんなときに、図面を書かなければならない、受験生の皆さん
大変ですね!
私は、二級建築士の二次試験を二回落ちましたので、
3回真夏の苦しみを経験しました。
もう二度と、経験したくはありません!!!
その苦しみを、『ラクトレ建築資格スクール』の受講生には
できるだけ、少なくしてあげたいのです!!!

前回のブログで、『第三ショック』の話をしましたが、
➝最初に模擬試験をすると、課題を読み取って、プランをまとめ、作図まで仕上げるのは、果てしなく気の遠くなるような気持ちになるのです。
今日の講座の予定は、その『第三ショック』の日です。

やっぱり、日曜コースの人も、水曜コースの人も、ショック状態でした。
おまけに、来週まで、自分でプラニングしたものの図面(平面図、立面図、矩計図、床伏図)を書き上げと来いと、鬼のような、課題を出しました。


でも、ここを乗り越えないと、先はないです。

ところで、
講座では、『4Kエスキス法』…建物の短辺の幅を、4間を基本とし、
 北側の1間は、玄関、水回り、階段
 真中の1間は、廊下
 南側の2間は、居室

として考えるプラニング法を教えてます。

今年の課題は、『兄弟の二世帯と母が暮らす専用住宅(木造2階建)』
なので、兄弟2世帯+母親なので、従来の、4Kエスキス法通りには、なかなか納まらないようです。
玄関が2ヶ所、水回りは、3ヶ所,駐車場は2ヶ所と教科書通りには、ならないパターンが多いです。

……でも、エスキスの基本は、4Kエスキス法がいいと思いますので、
  キッチリ、マスターしてもらいたいと思います。

今日は、第3回目の製図講座の日です!!!

今日は、7/21(水)です。第3回目の二級建築士の製図講座の日です。

前回の講座では、皆さん平面図の壁の作図に、悪戦苦闘されてました。
……壁厚120mmを1/100で表現するわけですから、平面図では1.2mmとなります。
  下書きに、Hの鉛筆で、壁中心線を薄く引き、その中心線から両側へ0.6mmづつ壁厚の線を薄く書きます。
  仕上げに、HBの鉛筆で、壁の部分と開口部を濃く書きます。

  なかなか、壁厚が均一に表現できないようでしたが、講座終了頃には、皆さんそれなりに
  なりました。(人間そのことだけに、4時間もかければ、それなりには、なるものです!!!)
 
……私の経験では、この壁厚表現が、
製図試験の『第二ショック』でした。
  ➝こんな、細かい作業をやらなければならないの!!面倒だなー

  
『第一ショック』は、矩計図の作図です。
   ➝最初のころ、矩計図の作図に4時間もかかって、この先どうなるの???

次に来るのが、『第三ショック』です。
➝最初に模擬試験をすると、課題を読み取って、プランをまとめ、作図まで仕上げるのは、果てしなく気の遠くなるような気持ちになるのです。

今日の講座の予定は、その『第三ショック』の日です。

図面の写図が終了して、いよいよ模擬問題へ取り組みます。
といっても、いきなり『模擬問題』をするのは、無理なので、
エスキスのやり方を教えます。

『ラクトレ建築資格スクール』では、下記の本を、エスキスの教科書として、使います。
私も、この本で二級建築士の製図の勉強をしました。
この本の特徴は、『4Kエスキス法』と命名された方式でパターン化された、プラニング法を
習得します。

……この本の手順をマスターすれば、誰でも、エスキスはできるようになります。心配ありません。
  第三ショックは乗り越えられます。
  但し、それなりに、しっかり勉強することは、当然必要です。(時間と根気は必要です!!!)

二級建築士設計製図テクニック グリッド倍速エスキス法―初心者でもらくらく製図 床伏図を20分で正しく描くテクニック二級建築士設計製図テクニック グリッド倍速エスキス法―初心者でもらくらく製図 床伏図を20分で正しく描くテクニック
(2009/05)
山本 洋一長瀬 守

商品詳細を見る


とういことで、今日のブログは、この辺にしておきます。

二級建築士 二次試験講座始めました。

ながーい間、ご無沙汰してました。
『ラクトレの法則』を見つけて、書こうとしてましたが、
なかなか、そんなうまい話は、ありませんね!
ですから、なかなかブログをアップできませんでした。

これでは、まずいので、内容を変更し、
『ラクトレ建築資格スクール』の二級建築士講座の
状況をお伝えすることに、ブログの内容を変更いたします。

ということで、ぼちぼち、書きたいと思います。

『ラクトレ建築資格スクール』の二級建築士講座は、
水曜コースが、7/7(水)より、2名でスタートしてます。
日曜コースは7/11(水)より、3名でスターとしてます。

初回は、矩計図の写図より、始めました。
初学者の人は、私の経験からすると、この日が
一番しんどい日です。3時間やっても、矩計図が
仕上がらないので、ショックを受ける日です。
本番では、50分で書き上げなければならないのですから!!!

でも、心配ありません。だんだん早くなるのです。

次回は、平面図、立面図です。

『ラクトレ建築資格スクール』は今年4月からの開講なので、
実績はありません。しかしながら、
現在、の受講者全員を合格させるべく、
頑張りたいと思います。

弱小スクールが、生き残るには、地道に実績を残すしかありません。

ということで、私の意気込みを述べて、今日は、これくらいにいたします。



法規の良い本を見つけました!!!!!!

富山の金ちゃん2号です。
久々に、ブログを書きます。
正直に言って、ブログのタイトルが『二級建築士ラクトレの法則』なので、チョット気軽に
書けませんでした。といっても、書かなければすべては、始まりませが!!!

先日から、建築法規の解説書を捜してました。高岡市の本屋を三軒はしごして、見つけました。
本の名前は、『史上最強よくわかる建築基準法』(ナツメ社)\1,500+税です。
史上最強図解 よくわかる建築基準法史上最強図解 よくわかる建築基準法
(2009/11/20)
大脇 賢次

商品詳細を見る

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

はじめまして『富山の金ちゃん2号』です。

はじめまして『富山の金ちゃん2号』です。
私は、今年(2010年)4月より、富山県高岡市にて、建築資格スクールを開講致しました。
その資格スクールの名前は、『ラクトレ建築資格スクール』と名付けました。
その心は、『建築資格を、楽で楽しいトレーニングでトレる…スクールを目指すというものです』

これから、このブログには、二級建築士の資格を資格取得を目指される方のために、
私が、『ラクトレ建築資格スクール』の講義を通じて、発見する予定の????

『建築資格を、楽で楽しいトレーニングでトレる法則>
…略して『ラクトレの法則』
を書きたいと思います。

どうなる事かわかりませんが、頑張ります!!!!

テーマ : 資格取得
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

富山の金ちゃん2号

Author:富山の金ちゃん2号
2009年、7月に長年勤めた会社を、56歳で早期退職し、2010年4月に、富山県で建築士系資格の受験スクールを開講しました。
スクールの名前は、『ラクトレ建築資格スクール』です。
チョットふざけた名前なのですが、これが、『富山の金ちゃん2号』の、性格が端的に表れていると思います。
どうせやるなら、楽しくやろうではありませんか??
二級建築士の資格取得を目指される人のために、で来るだけ受験勉強が楽しくなるような、役立ついろいろな情報と、くだらないバカ話を発信していきたいと思います。
目標は、日本で一番参考になる(面白い??)『二級建築士受験のブログ』を目指したいと思います。さて、どうなる事か????

‥‥最近、構造力学の公式集の覚え方の『語呂合せ』にハマってます。傑作が、次々と浮かんでます!!
楽に楽しく構造力学の公式を覚えたい方は、有料ブログ購読(1000円/月)をお支払いいただければ、お教えいたしましょう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
素人でも更新できるブログ型簡単ホームページサービス『グーペ』はこちら!!!!
『ラクトレ建築資格スクール』が採用しているブログ型ホームページサービスです。HTML等のプログラムを知らなくても自分でホームページが作れます!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。