FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラクトレの三原則!!!!!!

富山の金ちゃん2号です。
昨日、二級建築士の4回目の講座を終え、ほっと一息です。

現在の『ラクトレ建築資格スクール』の二級建築士一次試験講座の
状況は、受講者は5名です。
毎週火曜日の午後8時から10時までやってます。

建築計画(計画原論、計画各論、建築設備)を順調に終え、
次回の講座は、建築構造の構造力学をやる予定です。
受講者の皆様も、私も、徐々にペースをつかみつつあるところです。

さて、これから、順次、暇を見つけて、
テーマの『二級建築士ラクトレの法則』を書きたいと思います。
その前に、まず『ラクトレ建築資格スクール』の講習方針について
書きたいと思います。


■人間の特性(ラクトレ第一原則) 
‥‥人は、忘れる動物である。当たり前ですが、この点を、受験勉強では、
  しっかり押さえる必要があります。
 →ここから、導き出される対策は??    
    
(1)サブノート作り       
‥‥本番直前に、短時間で、記憶を復活させるためです。
  万一、今年試験に落ちても、来年の試験は、
  サブノートの知識の土台の上からスタートできます。
  (多分、サブノートをキッチリ作った人は、二年もやれば、絶対合格します。)

(2)繰り返しやる。(2回目標) 
とにかく、記憶を定着させるには、何回もやることです。
‥まず一回目は、スピードを上げて、とにかく試験範囲の全体像を把握する。
 分野ごとに、じゅっくり、細かく時間をかけてやるべきでない!!
 二回目には、一回目よりは、」時間をかけて学習を行う。


     
       
■資格試験受験の原則(ラクトレ第二原則)
‥‥敵を知ること。→孫子の兵法の言葉通り、『敵をしり己を知らば百戦危うからず』です。
  まずは、知人、友人、インターネットのブログや、雑誌等いろんなところから、試験情報をかき集め、
  敵すなわち、『試験』を知ることです。
  試験の内容、勉強方法、合格レベル、試験問題の出題傾向、教科書、過去問題集の選定等の情報を把握
することです。
   
ここから導き出される対策は?  

(1)学習計画を立てる。   
‥‥どの分野に重点をいれるか、捨てるべき分野はあるか?(建築史はすてるべし!)
  どの分野を先にやるべきか?
  これらを、諸先輩方の体験談をもとに、学習計画を立ててください。 
 
   ちなみに、『ラクトレ建築資格スクール』では、建築計画→建築構造→建築法規→建築施工
   の順番にやります。
   ‥‥建築史はやりません。理由は、問題が一問しか出題されない割には、
     範囲が広く、1~2時間の講習では、どうしようもない範囲です。

(2)過去問を徹底してやる。(3回目標)     
‥‥特に、二級建築士の場合は、8割は、過去問と類似してます。
  また、過去問をやることは、出題の範囲、傾向をつかむ、一番の方法です。
  初学者の陥りやすい傾向は、テキストを読むことに時間をかけすぎて、
  過去問をやる時間がなくなる。
         
  チョット乱暴ですが、ます、過去問答えを見ながらでも、先にやり、理解できないとこを、
  テキストを読む方が、ラクトレです。(‥楽にトレーニングができます。)

  『ラクトレ建築資格スクール』では、徹底的に過去問をやります。
         『過去問至上主義』です。

≪具体的なやり方≫
■一回目は、答えを見ながらやる。
    (考えながらやるのは、時間の無駄…多分、ほとんどわからないのだから!)
   ‥‥但し、ノートに、問題を張り付け、その過去問の、
     解答のポイントを自分で、記入する。
     
■二回目は、普通に解答する。  
   ……但し、解答後、問題の横に、下記マークを付ける。
           〇…完全に理解したマーク
           △…不完全理解のマーク
           ×…理解していないマーク

■三回目は、二回目に付けたマーク、△と×の問題のみ解答する。  
    (時間の節約です。)
   ……三回目に間違った、過去問のポイントを徹底して、理解する。


◎過去問題集とテキストは、厳選して買いましょう!!!
      ‥‥先輩の合格者の意見、インターネットのサイトや、ブログより、
        情報を得ることです。(先輩たちの意見を、聞くべきです。)
        間違っても、本屋で立ち読みし、衝動買いしてはいけません。
      

 『ラクトレ建築資格スクール』の推薦図書


■勉強時間の確保の習慣化(ラクトレ第三原則) 
‥‥とにかく、毎日の生活パターンに、試験勉強時を組み入れることです。
   たとえば、毎日、昼休み30分確保するとか、会社へ早めに出勤して30分
   試験勉強をすることです。
   習慣化が一番です。

   当然、夜とか、休みには、まとまった時間を確保する必要はありますが!!!


以上、ラクトレの三原則について書きました。


スポンサーサイト
プロフィール

富山の金ちゃん2号

Author:富山の金ちゃん2号
2009年、7月に長年勤めた会社を、56歳で早期退職し、2010年4月に、富山県で建築士系資格の受験スクールを開講しました。
スクールの名前は、『ラクトレ建築資格スクール』です。
チョットふざけた名前なのですが、これが、『富山の金ちゃん2号』の、性格が端的に表れていると思います。
どうせやるなら、楽しくやろうではありませんか??
二級建築士の資格取得を目指される人のために、で来るだけ受験勉強が楽しくなるような、役立ついろいろな情報と、くだらないバカ話を発信していきたいと思います。
目標は、日本で一番参考になる(面白い??)『二級建築士受験のブログ』を目指したいと思います。さて、どうなる事か????

‥‥最近、構造力学の公式集の覚え方の『語呂合せ』にハマってます。傑作が、次々と浮かんでます!!
楽に楽しく構造力学の公式を覚えたい方は、有料ブログ購読(1000円/月)をお支払いいただければ、お教えいたしましょう!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
素人でも更新できるブログ型簡単ホームページサービス『グーペ』はこちら!!!!
『ラクトレ建築資格スクール』が採用しているブログ型ホームページサービスです。HTML等のプログラムを知らなくても自分でホームページが作れます!!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。